Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kazetoodorou/kazetoodorou.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

創造性を育む

小さいプリ・バレエのお友達はイメージ遊びがいっぱい。

ネコになったり、おばけになったり、自由に自分がなりたい者になることも大切にしています。

なりきって踊れるって素晴らしいことだと思います。

 

例えば、ネコの踊りをするときは、色んなネコになってみます。

眠たいネコ。

お腹ペコペコのネコ。

甘えん坊ネコ。

怒ったネコ。

いたずらネコ。

びっくりしたネコ。

色んなネコに全身を動かしてなってみます。

甘えるときの体、怒ったときの体、びっくりした体・・・それぞれ全く異なる体と息に変化します。

本物の表現へとつなげるため、形だけの踊りより、内から変化して表現することを大切にしています

 

小学生以上になると、自分で振付をしたり、衣装を考えたり、様々な舞台作りを一緒にしていきます。

舞台作りは総合芸術なので、色んなことができなくては作り上げられません。

 

一つの作品を作るときは、みんなで連想遊びをします。

たくさんの言葉があふれ出て、新たなアイデアを導き出します。

目を閉じて音楽を聴いて、何を感じたかを言葉にします。

お互いの創作を見て、感じたままを伝えあい、いい動きを取り上げ、真似をし、さらに発展させていくのも楽しい作業です。

 

また、子ども芸術祭などでは、高学年の子どもは自分の作品作りにも取り組みます。

自分で選んだ曲に、自分が振付をし、それを他のメンバーに伝え、練習を重ねて作品にして発表する機会もあります。

その過程で、人に想いを伝える難しさ、指導すること、みんなをまとめることの大変さを学んでいきます。

 

これからの人生を生きていくのに大切な力を、舞台を作るということを通して、子どもたちに身につけていってほしいと願っています。