Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kazetoodorou/kazetoodorou.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

野外活動

縁側で、ぼーっと梅の木を見ていたら、「この木と踊る!」となぜか思ってしまって、それからその木と踊り、舞台を作っていったのが、野外舞台を始めたきっかけです。

 

それ以来、神社や浜辺、丘や森、色んなところで舞台をしてきました。

舞台のセットや照明も素敵だけれど、本物の日の光、刻々と変化する空や海の色、本物にしかない美しさに魅かれます。

風を感じて、土の柔らかさを感じて、草の匂い、日の光を浴び、五感をオープンにして踊るのが好きです。

大地のエネルギーや宇宙のエネルギーがいっぱい入るからでしょうか、心も体ものびのびと広がって、とても気持ちのいい時間です。

 

自然の中で踊ることは、大変なことも色々あります。

虫がいたり、斜面だったり、木の根っこがあったり・・・。

暑かったり、寒かったり、匂いが漂ってきたり・・・。

だからこそ、いつもの四角いホールでの練習では得られない、柔軟性、感受性を育むことができるのです。

 

 

小さい頃から、夕日が作る自分の影を見て踊るのが好きでした。

月光を浴びて、その影を見ながら、いつまでも踊っていました。

 

森の中で踊っていると、ふいにすべてのものとの境が無くなったような感覚に陥る時があります。

なんだか全部が溶け合っていて、みんなひとつにつながっていて、なんの心配も不安も要らない、完全な幸福感・・・そんなものを感じることがあります。

 

屋久島の山小屋に泊まったとき、夜一人で外へ出て、自然が怖いような気がしました。

霧に包まれた巨木に囲まれて、自分が小人になったような感覚。

自然はとてつもなく大きくて、自分は本当にちっぽけ。

 

流れてくる水を手ですくって飲む・・・ただそれだけの行為がうれしくてたまらない。

ずっとずっと昔に、そういうことをしていたから・・・?

 

海に潜ると、上がってこれない。

浦島太郎の気持ちがわかるなぁ~。

ゆらゆらと揺れる光と海藻と一緒にいつまでも揺れていると、空に浮かんでいるような気もしてきます。

 

コスモスが一斉に私を見た!

 

周りの木や草や虫や風が、みんなで見守ってくれているような気持ち。

 

 

自然の中にいると、いつもと違う色んなことを感じます。

そんな感覚はとても幸せで、それを感じたくて、自然の中で踊っているのかもしれません。

 

そして、その感覚を是非、子どもたちには知っていてほしいと願っています。

今の便利な生活で、大切なものが見えなくならないように・・・。