風と踊ろう
心も体も内側からしなやかにして踊ろう
バレエ

バレエを始めるために揃えるべき必要な持ち物を紹介!


「バレエを始めたい!」と思っても、実際に何が必要なのか、揃えるのにお金がかかるのかなど心配することも多いです。

今回は、実際にバレエをするにあたって、揃えておきたい必要な持ち物をご紹介します!

バレエを始めるために必要な持ち物を紹介!


まずは、バレエを始めるにあたってこれは絶対に必要!というものをご紹介します。

1、バレエシューズ

バレエ シューズ スプリットソール 18〜26cm SH 80001 80002 80003

created by Rinker

バレリーナにとって、バレエシューズは必需品。

お勧めは、布製のスプリットソール。

前革のものや、すべて革製のものがありますが、値段も高いですし、雨の日は足がすべりにくくターンがしにくいので、布製のものが使いやすいです。

足の裏が二つに分かれていて、間が伸縮性のある生地を使ったスプリットソールは足の甲が出やすく美しく見えます。

メーカーによっても違いますが、バレエシューズは、普段履いている靴より1センチくらい大きめがいいようです。

育ち盛りのお子さんは、気を付けていないとシューズがきついまま履いていることがあります。

足を縮めて使ってしまうので、どの指もよく伸びているかこまめにチェックしてあげてください。

2、バレエ用のタイツ

【ゆうパケットで送料無料】Chacott /チャコットベロネーゼタイツ(穴あき)013130−0003

created by Rinker

タイツも、バレエ用のタイツを揃えましょう。
バレエ用のタイツは普通のタイツと違って、生地に厚みがあり、脚が動かしやすくなっています。

ピンク色が、舞台でも美しく見えます。

安いものもたくさん出回っていますが、伝線しやすいものもありますので、有名メーカーのものが長持ちするので、お勧めです。

 

また、コンバーチブルタイプのタイツもお勧めです。

バレエ タイツ 穴あき 子供 ジュニア 大人 日本製 Le Cygne ル・シーニュ 格安バレエ用品 ピンク ピンクベージュ ホワイト 白

created by Rinker

足の裏に穴が開いていて、裸足で踊ったりするときに便利です。

指が一本一本よく動くためにも、ウォーミングアップの時に足先をタイツから出して、指をほぐしたり、指の股に手を入れて、足首を回したりすることができます。

3、レオタード

バレエ レオタード 大人 ジュニア スカートなし【サンシャ 】C237C キャミソール シンプル レッスン着 新体操 格安 バレエ用品 白/黒/ブルー/ネイビー M/L/XL/2XL 145/150〜160/170

created by Rinker

レオタードも、バレエをするのにはかかせません。

客観的に自分の姿を見るためにも、体のラインが見える動きやすい服装でレッスンを受けましょう。

日本では、レオタードの下に、下着やショーツをつける方が多いようですが、外国では何もつけない方のほうが多いと思います。

動きやすいという意味では、何もつけずにレオタードのみ方がいいのですが、気になる方はボディーファンデーションをつけるといいでしょう。

バレエ教室によっては、動きやすい服装ならOKというところもあるので、事前に確認しておきたいですね!

バレエであると便利な持ち物を紹介!


次に、バレエをするときに、これもあると便利!というものをご紹介します。

季節によって、バレエをする時の服装も変わってきます。自分が踊りやすくなるために必要なものを選びましょう。

1、レッグウォーマー

【サンシャ】004 バレエ レッグウォーマー 67cm (踵穴タイプ)大人/子供用(キッズ/ジュニア/子ども) ウォームアップ用バレエ衣装(バレエウェア)格安通販のバレエ用品(練習/レッスンに)

created by Rinker

冬などの寒い時期には、レッグウォーマーを持っておくと良いでしょう。

バレエ用の脚の付け根まである長いものから、足首のみを温める短いものもあります。

暑くなるまでレッグウォーマーを着用し、体をしっかり温めてから、外すくらいいつも体が冷えないように気を付けましょう。けがを防ぎ、柔軟性を増すのに役立ちます。

2、シルエットの見える上着

大人 バレエボレロ(長袖)・レオタードの上に着るウォームアップ用バレエ衣装 バレエウェアトップス 格安通販のバレエ用品

created by Rinker

なるべく薄手の体のラインを隠さないものを選びましょう。

ボレロのように腕と肩をカバーするものもあります。

特にウエストが見えていることが大切です。

骨盤の位置を確認するためにも、ウエストにベルトを着けて行うこともあります。

おなかを温めるハイウエストのパンツを着用して、温まったら折り返してウエストが見えるようにするのもいい方法です。

そのほか、腹筋、背筋が正しく使えているか、肋骨が開いていないかなど、確認しながらレッスンできるためにも、上着選びを工夫してみましょう。

必要な持ち物を揃えてバレエを始めよう!


今回は、バレエに必要な持ち物をご紹介しました。

バレエの衣装やレッスン着にあこがれてバレエを始める方もいらっしゃると思います。

自分の気持ちの上がる色や素材を選び、普段とは別人になって、レッスンを楽しんでいただけるとうれしいです。